診療内容|陽光台グランベッツ動物病院|相模原市│淵野辺 日曜祝日も診療

陽光台グランベッツ動物病院 陽光台グランベッツ動物病院 土・日・祝も19:30まで診療
f 神奈川県相模原市中央区陽光台3-5-4 横浜線「淵野辺駅」よりバス
P 4台完備 往診対応可
042-851-3751

診療内容

なんでも相談できるペットのホームドクター

当院では犬、猫の病気やけがの一般診療、予防注射、ワクチン接種、ノミ・ダニ予防、避妊・去勢・その他手術等を行っております。
少しでも気になる事がありましたら、何でもお気軽にご相談ください。

ご来院される方へ

初診時は不安と緊張でいっぱいのため、おとなしい子でも怯えたり興奮してしまうことがあります。
驚いて飛び出したりしますと大変危険ですので、必ずリードをつけるかケージなどに入れ、お連れください。

初診時にご用意いただきたいもの

  • 過去の検査結果、資料など
  • 内服中の薬や普段食べさせているフード名がわかるもの

往診について

当院は往診治療も行っております。お電話にてお問い合わせください。
※往診での治療には限界もございます。病院での検査・治療が必要と判断される場合はご提案させて頂きます。

予防診療 (ワクチン、ノミ・ダニ)

ワクチンは大切な動物を伝染病から守るために用いられます。ワクチンを定期的に接種することで免疫力が上がり、多くの伝染病の感染を抑えることが出来ます。
動物用ワクチンとしては以下の種類が存在します。

ワクチンの種類(犬用・猫用)

犬用
  • 狂犬病

  • 犬のジステンパー
  • 犬伝染性肝炎
  • 犬アデノウイルス2型感染症
  • 犬パルボウイルス感染症
  • 犬コロナウイルス感染症
  • 犬のレプトスピラ感染症
猫用
  • 猫ウイルス性鼻気管炎
  • 猫カリシウイルス感染症
  • 猫汎白血球減少症
  • 猫白血病
  • 猫クラミジア感染症

ノミ・ダニの予防について

ノミは約3mmと小さく、毛の間を逃げ回るため、探してもノミ自体が見つからないことも多いです。1匹でも感染するとアレルギー反応が起こります。
ペットにノミ・ダニが感染すると、皮膚炎を起こしたり、伝染病を媒介することがあります。
また、家庭内でノミのライフサイクルが成立してしまうと、完全に駆除するのはとても大変です。人がノミを屋内に持ち込んでしまうケースもあるので、屋外に出ない場合もしっかり予防してあげることが大切です。

ノミ・ダニが引き起こす主な症状

皮膚に激しいかゆみを引き起こす症状が多くみられます。また、アレルギーや皮膚病の原因となります。

ノミの寄生による病害
  • ノミアレルギー性皮膚炎
  • 瓜実条虫の寄生
  • 吸血による貧血 など
マダニの寄生による病害
  • 犬バベシア症
  • 吸血による貧血 など

予防方法

症状がない状態でも、ノミ・ダニが「付かない」ように予防してあげることが大切です。
現在、ペットショップや、ホームセンターでもノミ・ダニ予防の製品が販売されていますが、医薬品ではありません。
確実に予防するためにも、駆除効果の高い医薬品での予防をおすすめいたします。

最適なお薬や投与方法のアドバイスも致しますのでお気軽にご相談ください。

避妊・去勢手術について

避妊・去勢手術は、もともとは望まれない妊娠によって不幸な動物が生まれないように行われていた手術です。オスでは精巣を摘出する手術、メスでは卵巣・子宮を摘出する手術をします。これらの手術を行うと、永久的に妊娠する(させる)ことができなくなります。

避妊・去勢の目的は疾病の防止等

しかし最近では、避妊・去勢手術は、従来の「望まれない妊娠を避けること」よりも、将来的に起こり得る各種疾患、性ホルモンに関連した疾患を防止して寿命を延ばすこと、また性ホルモンによって誘発される発情徴候、スプレー(所構わず尿をかけてしまう行動)、攻撃性およびマウンティング(雌猫の後ろにおおいかぶさる行動)などの問題行動を防止することのほうに重点が置かれています。

避妊・去勢で防止する主な疾患

オス
  • 前立腺肥大症
  • 精巣腫瘍
  • 会陰ヘルニア
  • 肛門周囲腺腫 など
メス
  • 子宮蓄膿症
  • 乳腺腫瘍
  • 卵巣腫瘍 など

犬、猫の一般内科診療

当院では、犬、猫の診療、定期的な健診、健康相談、予防接種など、一般内科診療全般を行っております。大切なパートナーが健康な体で長生きできるよう、日頃から健康状態を把握しておくことが大切です。定期的に来院されることをおすすめします。また、普段と違う状態が目に付いた場合も、お気軽にご相談ください。

診療にあたって

普段と違う状態が目に付きましたら、まずはご相談ください。また、来院の際は、できる限り容体をチェックし、把握しておくことも大切です。
※診療は、原則として順番通りに行いますが、以下のような急性症状がある場合は、お申し出ください。

急性症状
  • 何度も嘔吐、30分以上ひきつけを起こして、ぐったりしている
  • 目の動きがおかしく、ぐったりしている
  • まわりの刺激に反応しない
  • 呼吸が苦しそう

※その他、急を要すると思われるときは、獣医師およびスタッフの判断により適切にご対応いたします。
また、このような急性症状のご来院があった場合には、診察の順番が前後する場合もございます。あらかじめご了承ください。

一般外科

当院では、避妊・去勢手術、腫瘍切除、外傷治療、その他軟部外科を行なっております。
セカンドオピニオンとしての相談にも応じております。

※手術は完全予約制です。お電話もしくはご来院時にご相談ください。

診療料金

診療料金(税別)  2017/2/20現在

初診料 500円
カルテ登録料 700円
再診料 500円
処置料
処置料 爪切り 500円~
肛門腺絞り 500円~
耳掃除 500円~
ワクチン
ワクチン 狂犬病ワクチン 2,850円
犬6種ワクチン 5,500円
犬8種ワクチン 7,500円
猫3種ワクチン 3,500円
猫5種ワクチン 5,000円
フィラリア薬(錠剤タイプ)
フィラリア薬(錠剤タイプ) 3.8kg以下 500円
3.8-11.3kg 800円
11.3-22.6kg 1,200円
フィラリア薬(チュアブルタイプ)
フィラリア薬(チュアブルタイプ) 5.6kg以下 650円
5.6-11.3kg 900円
11.3-22.6kg 1,200円
22.6-45.2kg 1,500円
ホテル(1泊あたり)
ホテル(1泊あたり) 2,000円
超小型犬(~5kg) 2,500円
小型犬(5~10kg) 3,000円
中型犬(10~20kg) 3,500円
大型犬(20~30kg) 4,500円
超大型犬(30kg~) 6,000円~

検査料金

血液検査
血液検査 CBC検査 1,500円
血液生化学検査 500円(1項目)
エコー検査
エコー検査 部分エコー 1,500円
腹部エコー 4,000円
心臓エコー 3,000円
全身エコー 5,000円
レントゲン検査
レントゲン検査 1枚 3,000円
2枚 4,000円
院内細胞診 院内細胞診 2,000円
便検査 便検査 500円
尿検査
尿検査 スティック検査 1,000円
スティック+尿沈渣 1,500円
手術料金(1泊入院•点滴•薬•抜糸込み)
手術料金
(1泊入院•点滴•薬•抜糸込み)
犬去勢手術 20,000円~
犬避妊手術 30,000円~
猫去勢手術 10,000円~
猫避妊手術 20,000円~

※当院では不幸に殺処分されていく動物達を少しでも減らすためノラ猫ちゃんや保護犬の避妊•去勢手術をリーズナブルな価格で行っております。
 詳細はスタッフまでお問い合わせ下さい。

TOP
TOP